咆哮と彷徨の記録

映画&ドラマの感想


HOME  > 映画&海外ドラマの感想  > 本の感想


今までみた映画と海外ドラマの感想を紹介。
評価
★★★★★ 自分にとって生涯忘れることはない映画
★★★★ もう一度見たい映画
★★★☆ すばらしいが、もう一度みたいとは思わない映画
★★★ 普通に満足した映画
★★ 期待はずれだった映画
時間を返してくれといいたい映画

★★★★★のおすすめ映画


『海の上のピアニスト』・・・動くピアノ演奏シーンは必見。

『ウォーターボーイズ』・・・男のシンクロは国技にするべきである。

『踊る大捜査線シリーズ』・・・いうまでもなく大ヒット映画。

『紅の豚』・・・見てねぇ人間はただの人間だ!!

『ザ・マジックアワー』・・・人にも輝く瞬間がある。

『Shall we ダンス?』・・・心も躍る。

『酔拳2』・・・モノマネのレパートリーに加えてみてはどうですか。

『スター・ウォーズEP3/シスの復讐』・・・暗黒面への道。

『スパイダーマン1&2』・・・彼こそが真のヒーロー。

『天使にラブソングを・・・』・・・修道士がポップスを歌うのは反則。

『時をかける少女』・・・珠玉の青春アニメ。

『トム・ヤム・クン!』・・・アクションの迫力は神の領域。

『ネバーランド』・・・ピーター・パン誕生秘話。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』・・・自由を愛する職業。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』・・・おもしろさも時空をこえる。

『ピーター・パン』・・・ティンカーベルがとても色っぽい。

『ビッグ・フィッシュ』・・・嘘の大切さ。

『FINAL FANTASY Z ADVENT CHILDREN』・・・ティファ萌え。

『僕はラジオ』・・・ラジオ男。

『猟奇的な彼女』・・・「ぶっ殺されたい!」って本気で言われてみたい。

『ルパン三世 ‐カリオストロの城‐』・・・ルパンシリーズの最高傑作。














































本の感想

構成は冒頭のあらすじ感想で、評価はありません。

数が少ないんで、しばらくは作品別インデックスで公開していく。

リンクがはってない作品は近々更新予定。

アガサ・クリスティ

驚愕のトリック

『ABC殺人事件』    『オリエント急行殺人事件』

『そして誰もいなくなった』



綾辻行人

『殺人鬼』   『十角館の殺人』  『霧越邸殺人事件』   『黒猫館の殺人』

『迷路館の殺人』   『時計館の殺人』



五十嵐貴久

『交渉人』  『誘拐』




伊坂幸太郎

伊坂ワールドの虜に。

『グラスホッパー』  『砂漠』  『死神の精度』  『終末のフール』  『魔王』  

『陽気なギャングが地球を回す』 『陽気なギャングの日常と襲撃』  

『アヒルと鴨のコインロッカー』  『ラッシュライフ』  『オーデュボンの祈り』

『ゴールデンスランバー』 『重力ピエロ』  『フィッシュストーリー』

『モダンタイムス』  『あるキング』  『SOSの猿』   『オー!ファーザー』

『マリアビートル』  『バイバイ、ブラックバード』   『チルドレン』

『夜の国のクーパー』



奥田英朗

ハチャメチャ神経科医伊良部一郎

『イン・ザ・プール』 『空中ブランコ』  『町長選挙』



海堂尊

現役医師が著したエンターテインメント

『チーム・バチスタの栄光』   『ナイチンゲールの沈黙』  『螺鈿迷宮』

『ジェネラル・ルージュの凱旋』 『ブラックペアン1988』  『ジーン・ワルツ』

『イノセント・ゲリラの祝祭』  『ジェネラル・ルージュの伝説』  『極北クレイマー』

『ひかりの剣』   『マドンナヴェルデ』  『ブレイズメス1990』

『夢見る黄金地球儀』  『アリアドネの弾丸』 『モルフェウスの領域』  

『ナニワモンスター』   『極北ラプソディ』  『玉村警部補の災難』  『ケルベロスの肖像』

 


貴志祐介

『クリムゾンの迷宮』   『硝子のハンマー』   『狐火の家』  『鍵のかかった部屋』



島田洋七

佐賀県民としての必読書?

『佐賀のがばいばあちゃん』  『がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!』

『がばいばあちゃんの幸せのトランク』



シャーロック・ホームズ

『バスカヴィル家の犬』



ダン・ブラウン

徹夜本

『ダ・ヴィンチ・コード』    『デセプション・ポイント』    『天使と悪魔』 

『パズル・パレス』   『ロスト・シンボル』



中村計

『甲子園が割れた日』    『佐賀北の夏』



パオロ・マッツァリーノ

『反社会学講座』  『反社会学の不埒な研究報告』



ハリー・ポッター

いわずとしれたベストセラー

『賢者の石』 『秘密の部屋』 『アズカバンの囚人』

『炎のゴブレット』 『不死鳥の騎士団』  『謎のプリンス』

『Harry Potter and the Deathly Hallows』



バーティミアス

ハリー・ポッターに並ぶおもしろさだと思う。

『サマルカンドの秘宝』    『ゴーレムの眼』    『プトレマイオスの門』



東川篤哉

『謎解きはディナーのあとで』   『密室の鍵貸します』  『密室に向かって撃て!』

『完全犯罪に猫は何匹必要か?』   『交換殺人には向かない夜』  『館島』

『放課後はミステリーとともに』  『ここに死体を捨てないでください』

『殺意は必ず三度ある』  『もう誘拐なんてしない』  『学ばない探偵たちの学園』

『はやく名探偵になりたい』  『謎解きはディナーのあとで 2』  『中途半端な密室』

『謎解きはディナーのあとで3』



東野圭吾

図書館ではいつも貸出中なんで人気があるんだと思う。

『ゲームの名は誘拐』  『トキオ』  『白夜行』  『容疑者Xの献身』

『探偵ガリレオ』  『黒笑小説』 『怪笑小説』 『毒笑小説』  『予知夢』 

『超・殺人事件』  『秘密』  『鳥人計画』  『宿命』  『変身』  『殺人の門』 

『赤い指』   『片想い』   『同級生』   『どちらかが彼女を殺した』 

『使命と魂のリミット』  『白馬山荘殺人事件』  『手紙』  『ダイイング・アイ』

『仮面山荘殺人事件』  『放課後』  『卒業』  『魔球』  『流星の絆』

『名探偵の掟』 『天空の蜂』 『聖女の救済』 『ガリレオの苦悩』

『パラドックス13』  『名探偵の呪縛』  『さまよう刃』  『新参者』

『悪意』  『眠りの森』  『レイクサイド』 『カッコウの卵は誰のもの』

『プラチナデータ』   『白銀ジャック』   『ブルータスの心臓』   『麒麟の翼』

『あの頃の誰か』   『幻夜』   『真夏の方程式』  『マスカレード・ホテル』

『ナニワ雑貨店の奇蹟』  『虚像の道化師』



七尾与史

『死亡フラグが立ちました』    『殺戮ガール』

ドS刑事シリーズ

『風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』  『朱に交われば赤くなる殺人事件』




藤木凛

バチカン奇跡調査官シリーズ

『黒の学院』  『サタンのさばき』  『闇の黄金』  『千年王国のしらべ』

『血と薔薇と十字架』  『ラプラスの悪魔』



誉田哲也


姫川玲子シリーズ

『ストロベリーナイト』   『ソウルケイジ』   『シンメトリー』   『インビジブルレイン』



道尾秀介

『向日葵の咲かない夏』   『ラットマン』   『片眼の猿』   『カラスの親指』




山田悠介

10代に人気?

『親指さがし』  『Aコース』  『Fコース』  『リアル鬼ごっこ』



蜊L司

『ジョーカー・ゲーム』  『ダブル・ジョーカー』   『パラダイス・ロスト』



横山秀夫

『ルパンの消息』   『臨場』





その他

日本人作家

『あやつられた龍馬』

『インシテミル』

『オルファクトグラム』    『王様ゲーム』

『完盗オンサイト』

『嫌韓流1&2』    

『クラインの壺』 

『五体不満足』  『鋼鉄の騎士』

『人格転移の殺人』   『小説ルパン三世』

『ズッコケ中年三人組』 

『生協の白石さん』  

『DEATHNOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』 

『日本野球25人 私のベストゲーム』

『バトル・ロワイアル』  

『ブレイクスルー・トライアル』   『プリズン・トリック』   『プリンセス・トヨトミ』

『ベルカ、吠えないのか?』   『ホワイトアウト』 

『野ブタ。をプロデュース』 

『マディソン郡の橋』  『魔笛』

『ミス・ジャッジ』

『問題な日本語』 



外国人作家

『アルケミスト』

『海賊オッカムの至宝』  『風の影』

『数学的にありえない』

『聖骸布血盟』

『聖杯の探索』   『聖書の暗号』

『匿名口座』

『ヒストリアン』

『ラビリンス』   『レインボー・シックス』















































上へ


HOME  >  研究   >  リンク  >  過去ログ   
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー